<新着情報>

シェフの料理~パリ時代~

シェフがパリに滞在した2000年~2005年は、空前の日本食ブーム。

慢性的に職人が不足し、日本料理をよくしらないアジア系の料理人が、

あやしげなすしや焼き鳥を量産していました(笑)

 

そんななかで、「すし」や「やきとり」だけでない、

目で見て楽しむ、季節を感じる日本料理を提供し、

たくさんのフランス人の方々に喜ばれました。

 

お客様の中には、フレンチのシェフも何人かおり、

料理について話したり、フランスの各地方を旅したりするうちに、

地元の食材や料理に誇りを持つ国民性に感銘を受けるように

なります。

 

 

 

 

「生け花」をテーマにしたエキスポジションで、

料理を作りこむ。

 

フランス人マダムへの、料理講習会。

 

「祭り」をテーマにしたエキスポジションにて。

〝かつらむき〟を披露中。